Sitetitle Sitetitle Sitetitle

新婚男性向けの新築マンション

新婚男性が新築マンションを購入する場合に考えたいことの一つとして、将来のビジョンがあげられます。今後の家族構成について、パートナーでもある妻と十分に話し合って購入を検討していきましょう。
例えば、将来的に妻と二人の子供、合計四人での生活を想定し、3LDK~4LDKで新築と中古マンションを比較してみます。中古マンション場合も、内覧などのサービスは充実していますが、新築の場合、比較的多く広い間取りの部屋を見つけることができます。

近年の日本の少子化や人口減の影響をうけ、マンションの3LDKや4LDKは全体的に減少傾向にあります。将来のビジョンが四人家族の場合、中古マンションの3LDKや4LDKを見つけた場合でも、金額や環境、築年式などで妥協しなくてはいけない場合があります。
それに対して、早くから自分たちの理想の地域や条件で新築マンションの情報を集めていれば、パンフレットなどの資料請求からモデルルームの見学まで、スムーズに広い間取りの購入検討に入ることができます。

また、同じように新築マンションの3LDKや4LDKも年々減少傾向にあります。家族全体の経済的な負担を考えた場合、大小の妥協を考慮したうえで、中古マンションは負担が軽いと想定できます。
このように、新築物件の購入と、中古の物件の購入では、それぞれにメリットとデメリットがあります。新婚男性にとって、これからの将来、どのような家族構成をイメージとして持っていくかで、新居の選び方が大きく変わっていくと考えられます。様々な情報を元に、理想の未来をつくっていきましょう。

▲ページトップへ