Sitetitle Sitetitle Sitetitle

不動産投資と家具付きマンション

一人暮らしを始める男性や、単身赴任を始める男性にとって家具付きマンションは人気です。単身赴任など一時的な、住まいと言っても家具がない暮らしでは、殺風景です。とは言っても、全ての家具を揃えるとなると出費と単身赴任が終わった時には、使わない家具が残ってしまうことも考えられます。このようなニーズからも、不動産投資の中でも家具付きのマンション経営を始める人が増えています。

一般的に、マンションに備え付けられている家具は、ベッド・ソファー・ライティングデスク・ローテーブル・収納棚のほか、椅子、テレビボード、遮光カーテンなどです。そのほかに、エアコン、シャワー付きトイレ、照明器具などの家電が設置されています。不動産投資を行うオーナー側のメリットは、通常の広さのマンションよりも高めの家賃設定が可能ということと、ニーズに対応した新しい賃貸用物件のスタイルとして、他の物件との差別化ができること、そして入居の需要が高まることがあげられます。また、家具の耐用年数は5〜6年と短く、その分減価償却費を短期間で行うことができるため、多くの経費を計上することで、所得税の軽減にもつながります。

入居者側のメリットとしては、家具の購入費用がかからず、入居費用が削減できることや、入居したその日から快適な生活を送れること、入居・退居時の引越しが楽なことです。このような新たなニーズは、オーナーと入居者にとってのメリットを生み出しています。

▲ページトップへ