Sitetitle Sitetitle Sitetitle

男性もキッチンにこだわる時代

「男子厨房に入るべからず」という言葉は、今やほとんど死語になっていると言えます。弁当男子と言って、学校や職場に昼食のための弁当を自分で作って持っていく男性も増えています。ある調査によると、20~30代の男性で週に1日以上自分用の弁当を作るのは3人に1人くらいの割合で存在するという結果が出ています。そこで男性向けのマンションで不動産投資を検討しているのであれば、自炊のできるキッチンのある物件を探す必要があります。

キッチンにこだわってマンションを探すのであれば、キッチンの高さに注目しましょう。多少個人差があるものの一般的に、女性と比較して男性の方が大きめの体格をしています。そこであまりキッチンが低いと上半身をかがむような格好で作業しなければならず、腰に大きな負担がかかります。一般的に身長÷2+5cmが理想的なキッチンの高さと言われます。現在の男性の平均身長は170cm前後ですから170÷2+5の90cm程度の高さがあった方が良い計算となります。

男性は女性と比較すると、背の高い傾向があります。そこで注意したいのは、レンジフードの高さがあります。せっかくキッチンは良い感じの高さなのにレンジフードが低いと頭をぶつけてしまうため、結局腰をかがめて作業しなければなりません。またカウンターキッチンでもレンジフードが低いと目の前の視界をフードのせいでさえぎられることも考えられます。男性が料理しやすいキッチンとなっているかどうか、チェックしておきましょう。

▲ページトップへ